うちにかえろう naotanmen.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

最愛のトイプー2頭&スタンプー1頭との毎日の記録


by naotanmen
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

あるの意外な一面。


夕散歩を終えて
夜ごはんの準備にキッチンにいると


b0111376_17342849.jpg



ん?あるちゃん?
また見てるの?


b0111376_17344943.jpg
 

あるは幼い頃から こうなんです。
キッチンに立ってて、ふと気づくと私を見てる。

今でこそ抱っこ魔の甘えん坊だけど
迎えたばかりのときは抱こうとすると暴れて嫌がり
触られるのも嫌がり噛んできた。
「どうしたら抱っこできるの?」としつけ教室にお願いしたほど。


突然、母犬兄弟犬と引き離され
ペットショップの狭い箱にひとりぼっちでいたある。
怖いおもいをしたのかな。
ニンゲンなんて信用できない!っていう子でした。
(今でも人が苦手だもの)


それでも、気づくと私を見てた幼いある。
値踏みされてた?^^

あるに無理強いせず
できることから少しずつ信頼を勝ち得たきたわ。


今でもあの頃のように私を見てるその目に
あの頃と同じように料理しながら声をかける。

ある。あるちゃん。
おかーさんを見てくれてるの?
な~に?どうしたの?ちょっと待っててね。
あーるちゃん。

少し近づいてきて


b0111376_17505558.jpg


でも、これ以上そばへは来ない。
教えていないのにキッチンへ入りません。
(ラヴィは平気でキッチンへ入ってまとわりつき怒られる)


b0111376_17514752.jpg


距離を保ちながらも私を見つめる瞳は
嬉しいような切ないような。

こんな場面以外でも
じっと私を見ることがあり、目線をそらさないある。


b0111376_17542214.jpg



大丈夫よ。ここにいるよ。
もう誰もあなたを悲しませないよ。


いつしか、「おまたせ、おいで」と言えば
しっぽブンブンで飛びついてきてくれるようになり

私の腕の中で眠るまで
こんなやりとりを続けている9年間です。



腕の中で安心しきってる寝顔はこのうえない幸せ♪

にほんブログ村


にほんブログ村

by naotanmen | 2016-04-13 18:17 | あるとラヴィとエマ | Comments(0)